ももれぽ

自由に楽しく生きているフリーランサー女子のブログ

コーヒーが嫌い。コーヒー好きな人は優遇されすぎてると思う。

スポンサーリンク

f:id:keiba-jyoshi:20170629114101j:plain

こんにちは、トノムラモモです。

 

突然ですが、私はコーヒーが嫌いです。

しかし飲めない訳ではありません。

飲めますが、美味しく感じないし飲むと体調不良になるので飲みたくないのです。

  

コーヒー嫌いの私ですが、このブログを始めてからノマドをする事が増えました。

 

そこでノマドワーカーとして情報発信をするようになった私が、普段理不尽だと思っている事を今日は書かせていただきます。

 

 

コーヒーってみんな好きなの?

コーヒーってお酒で例えるとビールのような位置付けだと私は思っていたんです。

 

ビールって本当に好きな人ってそんなにいないですよね。

「とりあえず喉越しも良いし最初の1杯くらいは頼んでおくか!」みたいなそんな感じ。

 

 

仕事の打ち合わせでもいつもコーヒー出てきますよね。

なんでコーヒーしか選択肢が無いの?そんなにみんな本当は好きじゃないでしょ。

あと「コーヒー出しておけば飲むだろ」っていう無言の圧力やめろやって思っていました。

 

 

しかしこのアンケートを見てみると、そうでも無いようだ。

 

f:id:keiba-jyoshi:20170629114639p:plain

 

このアンケート結果を見たときに愕然としました。

 

マジで?マジで!?マジなの!??

 

 

なんとコーヒーが好きと答えた人は全体の7割にものぼる。

 

逆の視点から見るとコーヒーが嫌いな人は1割しかいない。

この結果から見ると私はコーヒーが死ぬほど嫌い(とゆーか飲みたくない)なのでかなりアブノーマルな部類という事だ。

 

 

本心は飲みたくないじゃなくて飲めるようになりたい

カフェに行ってもコーヒー飲んでいる人が私は羨ましい。

様々なコーヒー豆の美味しいコーヒーが飲めれば世界が違うんだろうなぁって思う事も多々ある。

 

コーヒーが美味しく飲めるようになりたいから、友人の結婚式の二次会で当てたバリスタを使って毎日訓練した事もあります。

 

でもやっぱり美味しく飲めないんですよね。

 

前に記述した通り体調不要で翌日まで怠さが続く事もあったので、これはきっと体質的な問題なのか…という事でコーヒーを飲む事に諦めがつきました。

 

 

チェーン店でのコーヒーサービスについて

チェーン店ってコーヒーお代わりサービスとかあるじゃないですか。

 

あれ、コーヒー嫌いからすると本当に本当に羨ましい。

 

コーヒーのお代わりサービスを実施している大手カフェチェーン店

 

<スタバ> 

ドリップコーヒーをオーダーした場合のみ2杯目100円

 

<タリーズ>

 本日のコーヒー、アイスコーヒーのショートサイズのみ2杯目150円

 

<サンマルクカフェ>

ブレンドコーヒーをオーダーした場合のみ2杯目200円

 

<ミスド> 

ホットコーヒーに加えてカフェオレも無料でお代わり!

ミスドはすごい。コーヒーが嫌いだけど カフェオレは飲める!って人ならミスドは本当にオススメ。 

 

 

上記の通り、カフェチェーン店がお代わりサービス等をしているのはコーヒーのみの店が殆どだ。

 

なんでコーヒーだけなの?紅茶はコストが高いの?

 

コーヒー好きな人は優遇されてると思う。

 

コーヒーは飲めないけど紅茶は飲める!なんて人も多いと思うので、せめて紅茶だけでも良いからお代わりサービスのメニューに紅茶を追加してほしい。

 

 

コーヒーが嫌いな事によってカフェ代がバカにならない 

コーヒー以外のお代わりサービスが無いという事はとても辛い。

 

コーヒーが飲めないと日々のカフェ代がどれだけ無駄なのか考えてみた。

スタバで例えてみよう。

 

コーヒー好きな人はドリップコーヒーTallサイズを2杯飲むとする。

注文した料金はこんな感じになる。

 

340円(1杯目)+100円(ワンモアコーヒー利用)=440円

 

本格的なコーヒーが440円で2杯も飲めるからとってもお得感があります。

 

 

一方、コーヒー嫌いな人がアイスティーのTallサイズを2杯飲むと…

 

330円(1杯目)+330円(2杯目)=660円

 

1杯目の値段はほぼ同額ですが、アイスティーにはワンモアコーヒーの制度が当然無いので1杯目と同額で2杯目をオーダーしなくてはなりません。

 

 

2杯飲み物を頼んだ時に生じる差額はなんと220円

 

 

カフェで作業をする日が月の半分の15日だとして、コーヒー嫌いな人は月に3300円も余計な出費をする事になる。

 

3300円という事は月に一回安い飲み会に参加できるほどの金額ですよね。

 

これは節約という言葉を全く無視している。

 

しかもこれは紅茶という値段が比較的安いものを頼んだ場合である。

スタバのスタバのフラペチーノとか、もっと値段します。

 

 

コーヒー嫌いな私が言いたい事

 

少なからずコーヒー嫌いな人はいます。

(こんなに少数派とは思わなかったけど。) 

 

そしてこれを読んでくれているコーヒーチェーン店の人がいるならば、声を大にして再び言いたい。

 

「お代わりメニューに紅茶を加えてください!」

 

無料じゃなくてもいい。200円くらいまでなら出すからさ。

 

以上、コーヒー嫌いな私の叫びでした。

こんな言いたい事言っただけのブログで申し訳ない。