ももれぽ

好奇心旺盛のアラサー女子が好きなことを目一杯楽しみ尽くす。

Apple Watchを購入!便利な機能とスマートウォッチを選ぶポイントについて。

f:id:keiba-jyoshi:20181110211256j:plain

こんにちは、ガジェット大好き人間のももです。

スマートウォッチってここ何年か主流になりつつあるガジェットですよね。

新しい物好きの私はなんとなく欲しかったけれど、どんな機能があるかも調べもせずに『スマホがあるのに果たして時計が必要なのだろうか?』と自分自身に言い聞かせ、購入を見送ってきました。

しかし、『Apple Watchの今回のOSがめちゃくちゃいい!』との噂を聞き付けて私もApple Watchを購入してきました。

買って使ってみた結果…めちゃくちゃいい。
Apple Watchをはじめとするスマートウォッチの購入を検討しているみなさん…これは是非前向きに検討してみてください!

この記事を読み終わっている頃にはスマートウォッチが一段と欲しくなっているはず…。(と思いたい。)

Apple Watchの使用レビューは結構みなさんがUPしていますし後日記事にするとして、今日はスマートウォッチでできることや、今回購入するにあたり比較したスマートウォッチのこと、Apple Watchの便利な機能などレポートしていきます。

スマートウォッチがめちゃくちゃ気になる!

最近Amazonを何気なく覗くと、スマートウォッチがよくセールをしている。

タイムセール祭りの時なんかは、今回の目玉はスマートウォッチなのか!?ってくらい、かなりの数のスマートウォッチを見かけました。

こんなに普及していて、評価も良いものが多い…。

『なんかめちゃくちゃ気になってきた。』

そういえばApple Watchの初代が発売された頃に、『スマートウォッチって気になったけど果たしてどんなことができるんだろう?』って思い、スマートウォッチでできることを色々調べてみました。

 

スマートウォッチでできること

f:id:keiba-jyoshi:20181110211453j:plain

スマートウォッチの機種によってできることはバラバラですが、ここでは代表的なものを例として挙げていきます。 

●天気の確認 
●LINEや電話の確認
●マップを使ったナビゲーション
●心拍数の計測
●睡眠の質を測定
●スポーツアクティビティの記録
●単体での音楽再生・スマホ音楽アプリのリモコン
●お財布代わりになる
●スマホカメラのリモートシャッター
●カレンダー
●リマインダー
●タイマー
●時計

時計の機能はおまけのようなもので、様々な機能が付いていることがわかりますね。

 

比較したスマートウォッチたち

私は普段iPhone XとHuaweiのP20 liteのスマホを2台持ちしています。
スマートウォッチをスマホと連動させるなら、使い勝手がいいものの方がもちろんいいので、大前提としてiOSやAndroidと連携しやすいスマートウォッチを選んでみました。

口コミがいいのはもちろんですが、自分の使い方に合ったスマートウォッチを選ぶのが一番だと思います。

ここでは各機種のポイントも記載しているので、スマートウォッチを探している方は自分の使い方に合った物を探してみてください!

 Huawei Band 3 Pro

Huaweiのスマホと連動させることを考えると一番いいのはもちろんこれ。
GPSが内蔵されており、ランニング中のルートを保存してくれる。
GPS機能を常時使わない設定にすると電池持ちが半端なく良い。(1度の充電で10日ほど持つらしい。)

日常使いというよりは、スポーツウォッチとして特化しているスマートウォッチ。

 

ポイント

●HUAWEIのスマホカメラを遠隔撮影できる

●見失ったスマートフォンを探す機能

● 水泳姿勢を識別しターン数、距離、ストローク数、消費カロリーを計測

●睡眠を計測し質と時間を解析

●自動で心拍数を計測

Ticwatch スマートウォッチ 

Apple Watchの次に、私の使いたい機能が詰まっているスマートウォッチ。
Googleアシスタントが使えて、マップや天気予報、翻訳機能まで入ってます。

AppleのWatchOSの対抗馬と言われている、Android Wear 2.0を搭载しいて数多くのAndroid Wearアプリが使える点からかなり魅力的。

 

ポイント

●GPSセンサーにより独自のジョギングマップを作成

●Googleマップによるナビゲーション機能

●アプリが豊富

●歩数、速度、距離、燃焼したカロリーなどの運動記録がつけられる

●リアルタイムで心拍を監視測定

●Googleplayを使用し、単独での音楽再生が可能

●Androidユーザーは電話やメールの返信ができる

EMPORIO ARMANI スマートウォッチ ART3020  

雑誌で見て一目惚れしたアルマーニのスマートウォッチ。
見た目重視で選ぶなら絶対にこれ。

充電式ではないので手間もなく、1度の電池交換で約半年使い続けられます。

 

ポイント

●音楽の再生、停止、音量調節が可能

●歩数と消費カロリーを自動で計測

●スマホの通知を振動と針でお知らせ

●交換可能の電池で半年ほど常時接続可能

itDEAL スマートブレスレット

安い価格帯で、コストパフォーマンスに優れているスマートウォッチ。
まずは試しに使ってみたいという方にはこちらがオススメ。
GPSは搭載されていないものの、移動距離、歩数、カロリーの消費は確認可能でスマホの通知もしてくれる。

 

ポイント

●歩数、距離、歩行時間・消費カロリーを計測

●24時間心拍数及び血圧の測定

●スマホカメラの遠隔操作

●スケジュール管理

●女性の生理周期管理

●スマホの通知と内容の表示

Apple Watch Series 2 

 

iPhoneと連携するならもちろんApple Watch。
とりあえずApple Watchというものを使ってみたい。という人への入門モデルでしょう。

GPS内蔵モデルで、マップ検索も可能。
シリーズでは初めてモバイルSuicaも搭載されている。

2年前に発売されたモデルで後継モデルも出ているため、Apple Storeでの取り扱いは終了しているが、ネットショップやメルカリで購入可能。

 

ポイント

●Apple Pay対応

●純正マップによるナビゲーション機能

●Siriによるお手伝い機能

●GPS内蔵で、iPhoneを置いたまま出かけてもワークアウトを正確に測定できる

Apple Watch Series 3

Apple Watch Series 2の後続モデル。
基本機能は前作とあまり変わりませんが、Apple Watch Series 3にはデュアルコアプロセッサS3チップが搭載され、前作よりも処理能力がかなり向上しています。

 

前作から変わったポイント

●GPSモデルの他にセルラーモデルがあり、セルラーモデルなら単体での通話が可能

●Siriが喋るようになった

 

なぜApple Watchにしたのか

f:id:keiba-jyoshi:20181110213117j:plain

色々と調べて行くうちに私はスマートウォッチをスポーツアクティビティのために使いたいのではなく、日常生活をする上で日常がより便利になることを望んでいました。

スマートウォッチはスポーツアクティビティの計測に特化したいものが多いなか、Apple Watchは私が使いたい機能が全て詰まっていたからです。

 

私がスマートウォッチで使いたい機能

●マップを使用してナビゲーションしてもらいたい。

●モバイルSuicaを使いたい。

●予定管理をして欲しい。

●スマホの通知をスマートウォッチで見たい。 

色々とスマートウォッチを調べて悩み抜いた結果、これらの昨日全てを網羅していたのはApple Watchだけでした。
次点を考えるとするならば、Android wearOSが搭載されていて、様々なアプリが使えるTicwatchのスマートウォッチです。

 

悩み抜いて購入したApple Watchのモデル

今回購入したApple Watchはこちら。

 

Apple Watchではseries2とseries3で選択を迷いました。
基本機能にあまり変化はありませんが、処理能力がseries2に比べて70%もUPしているというseries3に惹かれました。

言葉では表現するのがなかなか難しいので、YouTubeに上がっていた動作スピードについての動画をUPします。

www.youtube.com

www.youtube.com

比べてみるとかなり違いますね。
2個目の動画が購入の決め手で、series2のマップ起動が遅すぎて普段使いするには結構大変そうな印象…という訳でseries3にしました。

新作のseries4も画面が大きくなり電池持ちも良くなったとのことで、かなり魅力的でしたが、最安モデルで約5万円という価格。予算オーバーのためこちらは断念。。。

予算に余裕がある方にはseries4をオススメします。

 

watchOS 5にアップデートして役に立ちそうな機能

今回購入したApple Watch series3でも2018年にアップデートされたwatchOS 5は使用できるんです。
ここではwatchOS 5にアップデートして便利になった機能を紹介します。

①Siriに話しかけるときに『ヘイ!Siri!』と言わなくても、腕を傾けて口元に持っていけば、言葉をSiriが自動解析してくれる。
 →これめちゃくちゃいい機能です。街中で1人で歩いているときなんて特に。

②Apple Watchを持っている友達同士でトランシーバー機能が使えるようになった。
 →周りにApple Watchを持っている人がいれば使える機能!友達や家族間の簡単な通話はこちらでOK。

トランシーバー機能は単体でも使用可能なので、iPhoneがなくても使えますね。
早く使ってみたい!

Apple Watchはこんな人に使ってほしい

f:id:keiba-jyoshi:20181110213045j:plain

Apple Watchは一度持ってしまうと手放せなくなる人は多いと思う。
なぜならば、自分の生活環境をより豊かに、便利にしてくれるから。

ここでは日常使いでiPhoneを使用していることを前提として、どんな人にオススメなのかお教えします。 

MacBookシリーズやiMacシリーズのパソコンを使っている人

 Apple Watchを身につけたままApple製品のPCを使用すると、自動的にロックを解除してくれる機能があります。Touch ID搭載モデルのPCだとあまり気にならないレベルかと思いますが、Touch ID非搭載モデルはパスワードの打ち込みが結構手間なんです。

そんなちょっとした手間を省いてくれて、すぐにPCが使えるという点はMacユーザーの方に、かなり便利な機能だと思います!

 

ランニングをするときにスマホを持ち歩いている人 

セルラーモデルを購入すれば、ランニングの際にスマホを持ち歩くことが必要なくなります。セルラーモデルであればApple Watch単体で通話もできますし、メールも返せます。GPSモデルでもApple WatchさえあればApple Payで飲み物を買うこともできますから、ランニングウェアにスマホを装着するのって重いから嫌っていう人にもオススメです。

 

方向音痴の人

方向音痴の人には、Googleマップや純正マップは必需品ですね!
私はかなりの方向音痴なので、初めて行く場所には必ずスマホでマップを起動させて動いてます。ただ、歩いているときにスマホを見るのってかなり危険…。

Apple Watchがあれば、スマホを見ずに目的地まで誘導してくれます。

常に時計に目を配らなくてもバイブレーションで曲がるところを教えてくれた!

 

ながらスマホをしてしまう人

ながらスマホは本当に危険。
Apple Watchがあれば、スマホに関する通知は届きますからスマホを出さずに腕で確認すれば良いです。

ながらスマホをしていて普段見れなかった周りの景色にも目を配るようになるため、清々しい気分になります。

 

まとめ

スマートウォッチは手元に自分専用の秘書がいてくれるようなものとして、理解してもらえれば、わかりやすいと思います。

私の場合はスケジュール管理をしてもらったり、道を案内してもらったり。
フリーランスの私はApple Watchが手元に来てから、今日の予定などで焦ることがなくなり、穏やかな日々を送ることができています。

この記事があなたのスマートウォッチ探しのお手伝いに役立てば嬉しいです。
今日もお読みいただき、ありがとうございました。