ももれぽ

日常を少しだけ快適にするためのブログ

CANAVIS J29使用レビュー。機能性抜群のワイヤレスイヤホン

f:id:keiba-jyoshi:20181214204403j:plain

こんにちは、ももです。
前回に引き続き、サイバーマンデーセールで購入したBluetoothイヤホンを今日もご紹介します。
今日レビューさせていただくのは、”CANAVIS J29”という商品で、こちらはAmazonでまだ100件未満の評価ですが、4.7/5点満点中というなかなか評判の良いイヤホンです!

早速レビューしていきます。

 

CANAVIS J29とは

f:id:keiba-jyoshi:20181214095903j:plain

CANAVISというメーカーが出しているBluetoothのワイヤレスイヤホンです。

IPX6という高スペックの防水機能で、汗や水しぶき、急な大雨からイヤホンを守り、ノイズキャンセリングはCVC8.0を搭載していて、エコーを抑えた低ノイズでの音声通話を実現します。

こちらのイヤホンは

  • 機能面・音質面ともにバランスの取れた製品がいい
  • 大雨にも対応できるイヤホンがいい
  • イヤホンだけで操作したい

といった方に向いていると思います。

とても使いやすいイヤホンなので私はすごく気に入っています!

1万円以下で、音質もそこそこで使いやすい機能が揃っているイヤホンって他にあるのかな?と考えてしまう程です。

<基本仕様>

Bluetoothバージョン Bluetooth5.0
コーデック AAC/SBC
ノイズキャンセリング CVC8.0
防水規格 IPX6
充電ケースの寸法 80.4×40.9×31.2mm
充電ケースの重量 55g
イヤホンの寸法 23.8×21×23.5mm
イヤホンの重量 5g
ワイヤレス作業範囲 10m(障害がない時に限る)
イヤホンバッテリー 60mAh
充電ケースバッテリー 800mAh
連続再生時間 4時間
待機時間 50時間
充電時間 2.5時間

コーデックはAACとSBC対応。
AndroidでもiPhoneでも使うことができますがaptXは非対応のため、より高音質で聞きたい場合はiPhoneの方が良さそうです。

 

 

実機レビュー 

まずはパッケージから見ていきましょう。

パッケージは今まで使ってきたイヤホンの中でも一番シンプル。めっちゃシンプル。

f:id:keiba-jyoshi:20181214105325j:plain

裏面は英語だらけ!
イヤホンの詳細な仕様が載っています。

f:id:keiba-jyoshi:20181214105436j:plain

開封しま〜す!

f:id:keiba-jyoshi:20181214105609j:plain

イヤホンがいきなり現れました。
イヤホンの隣にある箱が付属品のようですね。

今回は初めて赤いイヤホンを買いました。目立つ〜!
f:id:keiba-jyoshi:20181214105643j:plain

f:id:keiba-jyoshi:20181214110024j:plain

箱の中身はイヤーピースと充電ケーブルでした。

f:id:keiba-jyoshi:20181214110046j:plain

USBケーブルの形状はMicro-B。
Micro-Bはイヤホン以外にも色々汎用が効くところが大きなメリットですね。

f:id:keiba-jyoshi:20181214111831j:plain

イヤーピースは2種類付属で入っていました。

f:id:keiba-jyoshi:20181214111900j:plain

f:id:keiba-jyoshi:20181214111921j:plain

このイヤーピースがめちゃくちゃ柔らかいっ!

こちらがパッケージに入っていたもの全てです。

  • イヤホン
  • 充電ケース
  • イヤーピース
  • 充電ケーブル
  • 取扱説明書
  • サンクスカード

f:id:keiba-jyoshi:20181214113701j:plain

説明書は日本語のみで記載されているので、とても読みやすい。

f:id:keiba-jyoshi:20181214113959j:plain

f:id:keiba-jyoshi:20181214113918j:plain

サンクスカードが同封されていましたね。
こちらのイヤホンについてのレビューを書くとちょっとしたプレゼントがあるようです。

f:id:keiba-jyoshi:20181214114023j:plain

次にイヤホンを見ていきましょう。

こちらがイヤホンが入った充電ケースです。
イヤホンだけではなく、充電ケースも真っ赤!

f:id:keiba-jyoshi:20181214112012j:plain

てんとう虫みたいなデザイン。

充電ケースの大きさは手のひらサイズ。オーソドックスなデザインですね。

f:id:keiba-jyoshi:20181214112204j:plain

充電ケースの重さは55gで重くもなく、軽くもなくと言ったところでしょうか。

f:id:keiba-jyoshi:20181214113538j:plain

ケースを開けてみると、広めのスペースにイヤホンが入っていました。
イヤホン取り出しやすそう!

f:id:keiba-jyoshi:20181214112522j:plain

イヤホンを取り出してみましょう。
イヤホン横に空いているスペースがあるのでここに指を入れると取り出しやすいです。

f:id:keiba-jyoshi:20181214112831j:plain

イヤホンはワイヤレスイヤホンの中では小さめ。赤が目立ちますね!

f:id:keiba-jyoshi:20181214113234j:plain

イヤホン単体の重さは5g以下で結構軽いです。

f:id:keiba-jyoshi:20181214113438j:plain

イヤホンをケースにしまって、充電をしてみました。
イヤホンの充電が始まると、ケース中央に電池残量が表示されます。

充電中はイヤホンのボタン部分もLEDで赤く光る。

f:id:keiba-jyoshi:20181214112703j:plain

充電されていない状態、イヤホンを外した状態でもケース中央に付いているボタンを押すと電池残量が表示されます。

f:id:keiba-jyoshi:20181214114529j:plain

CANAVIS J29の良いところ

ここからは実際に使ってみて、よかった点をシェアします。

  • ケースからイヤホンが取り出しやすい
  • 簡単なペアリング
  • 電池残量を正確な数字で表示
  • 抜群な装着感
  • 音質がクリア
  • 音量調節もイヤホンからできる

ケースからイヤホンが取り出しやすい

f:id:keiba-jyoshi:20181214121000j:plain

ケースのイヤホン収納部分が余裕ある作りになっていて、イヤホンを取り出すときに、とても取り出しやすくなっています。 

 

簡単なペアリング

f:id:keiba-jyoshi:20181214121201j:plain

ペアリングの設定をするのは最初の1度だけで、2回目以降の接続は本当にイヤホンを取り出すだけ!ペアリングしなかったなどの誤作動も無かったので、好感が持てました。

 

電池残量を正確な数字で表示

イヤホンの充電を始めると、インジケーターが数字で電池残量をお知らせしてくれます。
LEDライトで電池残量を表示するBluetoothイヤホンが殆どのなか、数字で表示してくれるのは本当に良い! 充電するタイミングもわかりやすいですね。

 

抜群な装着感

f:id:keiba-jyoshi:20181214121250j:plain

長時間こちらのイヤホンを付けていた日がありましたが、そんな時でも全く耳が痛くならず、しっかり装着している感じもありました。 

 

音質がクリア

f:id:keiba-jyoshi:20181214121456j:plain

音がこもることもなく、とてもクリアに感じました。

低音と高音が特に良く、ボーカル音もしっかりしています。

どんな曲にも適した、バランスの良いイヤホンではないでしょうか。

 

音量調節もイヤホンからできる

左右のイヤホンを3回押すだけで音量調節ができます。 

この価格帯ではイヤホンから音量調節できる機種はあまり見ないので嬉しかったです。

 

CANAVIS J29の気になったところ

実際に数日使ってみて、気になった点もシェアします。

  • 少し音漏れが気になる
  • 音切れがたまにある

 

少し音漏れが気になる

装着感は抜群なのですが密閉性が低いのか、音漏れが多少気になります。

静かな場所や満員電車で使う場合は少し音漏れを気にかけた方が良いでしょう。

 

音切れがたまにある

こちらのイヤホンもHAVIT G1と同じく、電車の中などで断続的に途切れてしまうことが何度かありました。

 

まとめ

CANAVIS J29のレビュー記事はいかがだったでしょうか。

このイヤホンは音質的にも機能的にも、とてもよくできたバランスが良いイヤホンだと感じました。

Bluetoothイヤホン初めてなんだけど、どれが良いだろう?

と思っている人はとりあえずこちらを買っておけば良いと思う。
べた褒め過ぎですが、私自身もとても気に入ったイヤホンでした。

今日もお読みいただきありがとうございました。