ももれぽ

日常を少しだけ快適にするためのブログ

InateckのMacBook用ラップトップスリーブケースレビュー。ガジェットポーチ付きの高コスパPCケース

f:id:keiba-jyoshi:20190108012549j:plain

こんにちは!ももです。

先日MacBook12インチを新調したので、サイズ的にぴったり合うInateckの専用ケースを購入してみました。 

使用感がとても良くバランスの取れたいいケースなので、読者の皆さんにこの良さをシェアしたいと思います。

 

 
今回レビューしたケースの特徴
  • デニムのような生地でそのまま持ち歩いてもオシャレなデザイン
  • 雨にぬれても大丈夫な撥水加工
  • ケースの蓋がマグネットタイプ
  • 裏地がコフランネル素材でPC本体を優しく守ってくれる
  • PC以外もたくさん入る抜群の収納力
  • ガジェットポーチ付き

 

Inateckラップトップスリーブケースのデザイン

とてもおしゃれな外観で、PCケースとは言わずにクラッチバッグでも通用しそうなデザイン!

ケースの生地はデニムっぽい生地感で触ってみると、とても柔らかな素材です。

このような生地は季節を問わず、オールシーズン使えて良いですね。

f:id:keiba-jyoshi:20190107101507j:plain

表面は撥水加工されたポリエステル製の素材だそう。
雨にぬれても大丈夫なところはとても魅力的。

表面右下にはInateckのロゴ入り。

f:id:keiba-jyoshi:20190107101801j:plain

表面上部を開けるデザインになっています。

f:id:keiba-jyoshi:20190107101811j:plain

開閉はマグネット式です。
これなら閉め忘れも防げますね。

f:id:keiba-jyoshi:20190107101828j:plain

開けてみるとMacBookを入れるスペースと内ポケットに分かれています。

f:id:keiba-jyoshi:20190107191918j:plain

MacBookを入れるスペースの裏地は軽い毛布のような触りごごち。
サラッとしていて、めちゃくちゃ気持ちいい。

f:id:keiba-jyoshi:20190107192344j:plain

内ポケットは素材がツルツルしていて、ポケットの部分に関してはクッションがあまり効いてないように感じます。あくまでも雑誌やノートを入れる用途で使うポケットのようです。

f:id:keiba-jyoshi:20190107233405j:plain

続いて背面のデザインです。

背面はジッパーがあるポケットがひとつ。

f:id:keiba-jyoshi:20190108011351j:plain

こちらも内ポケットと同じ素材で、ツルツルシャカシャカしている生地です。

f:id:keiba-jyoshi:20190108011335j:plain

Inateckラップトップスリーブケースの付属品

Inateckラップトップスリーブケースには、付属品としてガジェットポーチが付いてきます!

f:id:keiba-jyoshi:20190107101618j:plain

値段が安いのに、ガジェットポーチまで付いてくるとは…お得感満載です。

 

ポーチの開け閉めは、ケース本体の収納部分と同じくジッパー式。

f:id:keiba-jyoshi:20190107101628j:plain

ポーチの中を見てみると、マチも大きくゆったりとして作り。

f:id:keiba-jyoshi:20190107101650j:plain

これならたくさんPCアクセサリが入りそう。

 

このとおり、モバイルバッテリーと充電ケーブルを収納してもまだまだ余裕があります。

f:id:keiba-jyoshi:20190107103749j:plain

あとはMacBookの画面を拭くためのクロス。

f:id:keiba-jyoshi:20190107101703j:plain

MacBookのUSB-C端子を保護するためのカバーが付いてきました。

f:id:keiba-jyoshi:20190107101728j:plain

 

Inateckラップトップスリーブケースの収納力

Inateckラップトップスリーブケース単体で持ち歩くことを考えて、内ポケットに財布とキーケースを入れてみました。

f:id:keiba-jyoshi:20190107113502j:plain

厚みはこんな感じで、若干膨らみがありますがパンパンではない状態で余裕で入ります。

f:id:keiba-jyoshi:20190107113436j:plain

この他にもメモ帳やイヤホンなども収納できました。

Inateckラップトップスリーブケースに他のガジェットは入るのか検証してみた

まずはFire 8 HDタブレットから試してみよう。

f:id:keiba-jyoshi:20190107113601j:plain

内ポケットの方はジッパーが閉まらない状態で収納することができました。

Fireタブレットはポケットから少しはみ出る状態です。

f:id:keiba-jyoshi:20190107113358j:plain

上蓋を閉じた状態。少しだけタブレットが見える感じになります。

f:id:keiba-jyoshi:20190107113832j:plain

背面ポケットの方は入れようと試みましたが、ジッパー部分に引っかかり入れることすらできませんでした。ジッパー部分の横幅が足りないようです。

 

次にiPad miniで試してみます。

f:id:keiba-jyoshi:20190107114207j:plain

内ポケットの方は、Fireタブレットと同様でジッパーが閉まらない状態で収納ができます。

f:id:keiba-jyoshi:20190107114239j:plain

上蓋を閉じた状態。iPad miniは本体が薄いからでしょうか。
このとおり外からは殆どわからない状態になっています。

f:id:keiba-jyoshi:20190107114357j:plain

続いてはiPad miniを背面ポケットに入れてみます。

f:id:keiba-jyoshi:20190107114545j:plain

こちらはうまく入りました!
しかもジッパーまでしっかり閉まります。

f:id:keiba-jyoshi:20190107114644j:plain

ポケットの中も少し幅に余裕があるので、薄いケースであればiPad miniに着けている状態でも収納できそうです。

f:id:keiba-jyoshi:20190107114714j:plain


その他にiPad Pro10.5インチの収納も試してみましたが、両ポケット共に入る気配すらありませんでした。 Fireタブレット8インチもギリギリ入りますが、厚みと長さがiPad miniに比べて嵩張ることからジッパーが閉まらない状態です

 

結論
  • MacBookと一緒にこちらのケースに入れて持ち歩くならiPad miniか、同等サイズのタブレットがオススメ!

Inateckラップトップスリーブケースのサイズ・カラーバリエーション

Inateckラップトップスリーブケースには様々なバリエーションがあります。

 

今回購入したカラーである、ブルー。

サイズ展開

  • 12インチ 
  • 13-13.3 インチ
  • 15インチ

f:id:keiba-jyoshi:20190107104918j:plain

グレーもあります。

こちらのカラーはサイズ展開が13-13.3 インチのみです。

f:id:keiba-jyoshi:20190107104737j:plain

 

まとめ

この記事はInateckラップトップスリーブケースのレビューについて書きました。

Inateckラップトップスリーブケースは、PCケースとしては比較的安価の約2000円で購入できるにも関わらず、生地や収納にこ拘りを感じられます。

さらにおまけでガジェットポーチまで付いてくるというかなり高コスパな商品です。

大きめのガジェットをこちらのケースに入れて、ついでに持ち歩くとなるとジッパー部分が閉まらないという弱点がありますが、財布やイヤホン、スマホを収納できることから、ちょっとしたお出掛けはこれひとつを持ち歩くことにより完了するので、とても重宝します。

MacBookを持ち歩くならInateckのケースは本当にオススメ!

今日もお読みいただきありがとうございました。