ももれぽ

日常を少しだけ快適にするためのブログ

KNGUVTH HBQ-Q13使用レビュー。軽くてフィット感が良い優秀なイヤホン

f:id:keiba-jyoshi:20190313231158j:plain

こんにちは、ももです。

今日は最近新しく購入した、KNGUVTHのHBQ-Q13という完全ワイヤレスイヤホンをご紹介します。こちらのイヤホンはお値段も手頃で試しやすく、ケースとイヤホンが小型軽量というところが気に入って購入しました。実際の使用感などをシェアしたいと思います!

 KNGUVTH HBQ-Q13の特徴

  • Bluetooth5.0+EDR搭載
  • 連続使用時間が4時間以上とかなり長く使える
  • 約4000円で購入できる安価なイヤホン

こちらのイヤホンは

  • 五千円以下で優秀なイヤホンが欲しい
  • 出来るだけ長い時間連続して使いたい
  • イヤホンは外の音が聞こえないものが良い
  • イヤホン本体は軽いものが良い

と言った人向きでしょう。
 

KNGUVTH HBQ-Q13のパッケージ

こちらがKNGUVTH HBQ-Q13のパッケージ。
化粧箱からして、かなり小さいです。

f:id:keiba-jyoshi:20190313225721j:plain

イヤホンケースはこんな感じの横長な形です。

f:id:keiba-jyoshi:20190313230308j:plain

 

以前レビューした、AIKAQIのB08というワイヤレスイヤホンのケースに形がよく似ています。 

f:id:keiba-jyoshi:20190213093658j:plain

※AIKAQI B08

形は似ているのですがKNGUVTH HBQ-Q13はAIKAQIのB08よりもずっと小型です。

 

HBQ-Q13の付属品 

こちらが化粧箱に入っていたものたちです。(※説明書を除く)

充電ケース・イヤホン、イヤーキャップ2種類、充電ケーブル、イヤホンを入れるポーチ。

f:id:keiba-jyoshi:20190313225821j:plain

充電コネクタの形状ははMicro-USBのよう。

f:id:keiba-jyoshi:20190313225924j:plain
f:id:keiba-jyoshi:20190313225900j:plain

 

ポーチは本体を入れるとぴったりサイズで収まります。

f:id:keiba-jyoshi:20190313230709j:plain

 

HBQ-Q13をもっと詳しく

HBQ-Q13の基本性能を表にまとめてみました。

Bluetoothバージョン Bluetooth5.0 +EDR
充電ケースの重量 41g
イヤホンの重量 3g
ワイヤレス作業範囲 約10m(障害物なし)
イヤホンバッテリー 60mAh
充電ケースバッテリー 600mAh
連続再生時間 約6時間(片耳)、約4時間(両耳)
待機時間 約70時間
充電時間 約1.5時間

 

HBQ-Q13のイヤホン

ケースからイヤホンを取り出してみると「めちゃくちゃ軽い!」というのがファーストインプレッション。おそらく今までレビューしてきたどのイヤホンよりもイヤホン本体が軽いです。

f:id:keiba-jyoshi:20190313230226j:plain


イヤホンの形状はインナーイヤー型で耳にすっぽりフィットする構造。イヤホン自体が小さいので、長時間着けても痛くなりません。

 

イヤホン単体でできる操作

通話応答、通話拒否、再生、停止、電源オンオフ、曲送り、音量調節

f:id:keiba-jyoshi:20190313230106j:plain

 

KNGUVTH HBQ-Q13の音質について

私個人の主観としては、音質はまずまずといったところでしょうか。
値段相応という感じがしますが、それでもノイズなどは特になくボーカル音も綺麗に聞こえてきます。低音部分が特に強いように感じました。

 

KNGUVTH HBQ-Q13の良いところ

  • イヤホンがとても軽い
  • 着けごごちが良い
  • 音が途切れにくい

 

イヤホンがとても軽い

イヤホンが3gということで、めちゃくちゃ軽いので着けていることを忘れてしまうほどの快適さです。この軽さだと、ランニングやウォーキングの時などにストレスなく使用できるでしょう。

 

着けごごちが良い

最初にお伝えした通り、HBQ-Q13は長時間イヤホンをつけていても痛くならないのが特徴です。
その秘密はイヤホンが120°斜めに入る珍しい形のデザインにあり、軽いながらも密閉性が優れていて耳にぴったりフィットします。


音が途切れにくい

正直価格が安かったので、イヤホンの安定性はいかがな物なのかと思っていましたが、さすがはBluetooth5.0+EDR搭載といったところ。

全くといって音が途切れませんでした。

5000円以下のイヤホンでもこんなに音が途切れずにストレスなく使えるのかとビックリしたほどです。

 

KNGUVTH HBQ-Q13の気になるところ

  • 防水機能が低い
  • イヤホンをケースに収納しても音は停止しない(ペアリングが切れない)
  • イヤホンの表面がツルツルしていて取り出しにくい 

 

防水機能が低い

防水機能はIPX4ということで、最近のワイヤレスイヤホンはIPX5以上がほとんどですから、そう考えるとこちらのイヤホンの防水機能は少し低めです。
生活防水には対応していますが、イヤホンを着けたままお風呂に入ったりはできないでしょう。

 

イヤホンをケースに収納しても音は停止しない

今まで使っていたイヤホンのほとんどが、充電ケースにイヤホンを収納すると音が自動的に停止し、ペアリングが切れる仕様になっていたのですが、こちらのイヤホンはその機能に対応していません。

使用をやめるときはイヤホンかスマホから音を停止させる必要があります。

 

イヤホンの表面がツルツルしていて取り出しにくい

表面がツルツルしていてカッコイイ反面、ケースからは取り出しにくい感じがします。特に爪が伸びている女性は少し苦戦するでしょう。なるべく指の腹を使って押し出すように取り出した方が取り出しやすいです。

 

まとめ

今日はKNGUVTH HBQ-Q13のイヤホンについて、記事を書きました。
イヤホン本体がかなり小型ということで、女性でも使いやすいイヤホンでしょうね。

お値段も試しやすいので、初めてワイヤレスイヤホンを買うって人にもおすすめできるエントリーモデルです。