MoMo channel

アラサー世代の暮らしを少しだけ快適にするブログ

SoundPEATS TrueFree+は耳が痛くならず操作性も良いワイヤレスイヤホン

f:id:keiba-jyoshi:20190331112252j:plain

こんにちは!

今日はSoundPEATSのTrueFree+をレビューさせていただきます。
私は初めて使ったワイヤレスイヤホンがSoundPEATSの製品で、安価のわりにとても音切れや遅延も無く使い勝手がとてもよかったので、今回は完全ワイヤレスのイヤホンでSoundPEATSの物を購入してみました。

それではご覧ください。

 

TrueFree+の特徴

Bluetooth5.0搭載

Bluetooth5.0はBluetooth4.2に比べて、通信速度や通信距離が飛躍的に向上しています。
完全ワイヤレスイヤホンの欠点である、音飛びや遅延を最小限に抑えたことにより、街ナカでもストレス無く使える完全ワイヤレスイヤホンとなりました。

 

自動ペアリング

充電ケースからイヤホンを取り出すだけで、自動的に電源のオンオフが切り替わります。初回の起動時もデバイス側でタップするだけなので、非常に簡単です。

 

片耳で利用可能

両耳モードに加え、左右それぞれで再生できる片耳モードを搭載しています。
これによりシーンに応じた使い方が可能です。

前作TrueFreeから変更になった点

  •  充電ケースの変更
  • 音質の改善
  • 両耳モードの改良

 

TrueFree+のスペック

Bluetoothバージョン Bluetooth5.0
イヤホンの重量 4.7g
対応コーデック AAC,SBC
ワイヤレス作業範囲 10m(障害がない時に限る)
イヤホンバッテリー 43mAh
充電ケースバッテリー 800mAh
防水等級 IPX4
連続再生時間 約4時間(充電ケース使用時、35時間)
待受時間 約120時間
充電時間 約1.5時間

 

TrueFree+でできる操作

音楽の再生・停止・曲送り・曲戻し、受電・着信拒否、Siriの起動

 

TrueFree+の内容物

f:id:keiba-jyoshi:20190331105001j:plain

充電ケース、ワイヤレスイヤホン、イヤーピース(4サイズ)、充電ケーブル、取扱説明書

 

TrueFree+の実機レビュー

f:id:keiba-jyoshi:20190331105113j:plain

ケースはツヤ消しのマットブラックで高級感が漂うデザイン。大きさはそこまで主張しすぎない感じで、ボトムスのポケットに入れられるサイズ。

 

f:id:keiba-jyoshi:20190331105131j:plain

ケースを開けるとイヤホンが取り出しやすいように丸い大きな溝があります。これはちょうどいい感じのスペースで、女性にしては手が大きい私でもすんなり指が入ってイヤホンが取り出しやすかったです。

 

f:id:keiba-jyoshi:20190331110011j:plain

イヤホンは長方形のちょっと変わった形をしています。

実際にイヤホンを装着してみると、この形がかなり絶妙で耳にジャストフィット!密閉感がありながらも、長時間つけていても耳が痛くならずいい感じです。

また、このデザインのイヤホンはボタンの面積が広く、とても押しやすいといった印象そ受けました。

 

f:id:keiba-jyoshi:20190331110502j:plain

イヤホンの大きさはそんなに大きくないけど、小さくもない中間サイズといったところでしょうか。

 

TrueFree+の音質

音の広がりを感じられるイヤホンで、全体的にクリアかつバランスがよく聴きやすい音に仕上がっていると感じました。遅延も音切れもほぼ無くこちらも好感触です。

 

TrueFree+の良いところ

耳が痛くならない

インナーイヤー型のイヤホンは、耳にぴったりフィットするものが多く、長時間つけていると耳が痛くなることがよくあります。

しかし、TrueFree+のイヤホンの形状がちょっと特殊なためか耳に長時間入れていても耳が全く痛くならず、非常に快適でした。

 

操作はボタン式で誤操作の心配がない

様々なワイヤレスイヤホンを使ってきて感じたことですが、操作がタップ式のワイヤレスイヤホンは、着脱をするときやイヤホンの位置を微調整するときなどに誤作動を非常に起こしやすいです。

しかし、TrueFree+はイヤホンの表面が物理ボタンになっているので、誤操作の心配がなくとても使いやすく感じました。

 

操作が簡単

音楽の再生と停止がイヤホンのボタンを1回押すだけという感じでとっても簡単。他の操作も同じく1回〜2回押すだけなので、1度使ってたら操作はすぐに覚えられるのではないでしょうか。

 

説明書は全て日本語

日本で販売されたTrueFree+の説明書は全て日本語で書かれています。操作方法を確認するときにとても便利でした。

  

TrueFree+の気になるところ

イヤホンで音量調節ができない

最近のワイヤレスイヤホンはイヤホン本体で音量調節ができる機種が増えているので、ここは若干不便を感じるところ。スマートウォッチで操作するなり、デバイス側での操作が必要となります。

 

防水性能が低い

防水性能はIPX4ということで、そんなに高くなく、多少の汗や水なら大丈夫といった程度。日常生活では気にならないと思いますが、長時間汗をかくことをしたりするときに使用するのは避けたほうがよいでしょう。

 

まとめ

今日は完全ワイヤレスイヤホンのTrueFree+ついて記事を書きました。
SoundPEATSはワイヤレスイヤホンではかなり実績のあるブランドで、TrueFree+の改良されている点などを含めてとても良い完全ワイヤレスイヤホンに仕上がっていると感じます。 イヤホンでの音量調節ができないという点が気にならなければ、間違いなく買って損はないイヤホンだと思います。